新規お申込み ログイン

洗濯代行ブログ

洗濯代行サービスを利用したい! 業者を比較するならホームページのココをチェック

洗濯代行サービスを利用するとき、多くの人はホームページをみて検討します。洗濯代行サービスを行っている業者はたくさんあり、ホームページをみればみるほど悩んでしまうのではないでしょうか。今回は、数ある洗濯代行サービスの中から満足できる業者を探し出すためのチェックポイントをお伝えします。

トップページで「使いやすさ」をチェック

ホームページにアクセスすると、最初に登場するページがトップページです。トップページには、各業者の個性やアピールポイントが詰め込まれています。洗濯代行サービスはたくさんありますが、それぞれに特徴と個性があります。例えば、洗剤にこだわっている業者、スピード重視の業者、安さを前面に出している業者もあります。チェックポイントは「使いやすさ」です。トップページは「洗濯代行サービスを利用したい」と思っている人が最初に開くページです。トップページが抽象的だったり、他のページにもアクセスしなければ答えがみつからなかったりする業者は使いにくいかもしれません。一方、トップページをみるだけでサービス内容やおおまかな料金がわかる業者は、その先も使いやすい傾向があります。自社の希望よりも顧客のニーズにこたえようとする姿勢が感じられます。
トップページは、業者との相性をチェックするページでもあります。

よくある質問で「他社との違い」をチェック

ホームページには「よくある質問」や「Q&A」というページがあります。よくある質問とは、実際に顧客から受けた質問も含まれていますが、業者側が顧客に知っておいてほしいことが含まれていることが多いようです。例えば「人にみられたくない洗濯物はどうしたらいいですか」という質問は、多くの業者のホームページに掲載されている質問です。この質問は、実際に顧客から受けた質問というよりも、業者側が「顧客が気にするであろうこと」を予測して答えているものと思われます。
また「集配時に不在の場合はどうなるか」という質問は、業者の対応のよさをアピールできる質問です。「不在は困ります」という業者もあれば「メール等で再配達対応します」という業者もあります。気になることがある場合は、よくある質問のページをチェックすると他社との対応の違いがわかります。

利用規約で「仕事の丁寧さ」をチェック

利用規約は、実際に申し込みをするときに表示されることが多いページです。利用規約は、申し込みをする前に知っておくべき注意事項が書かれているため、多少文字数が多くてもしっかりと読む必要があります。洗濯代行サービスの利用規約のチェックポイントは「できないこと」と「注意点が具体的に書かれているか」です。

「できないこと」は、業者にとってはマイナスの情報かもしれません。「できないこと」を伝えた途端に顧客は申し込みをやめてしまう可能性もあるのです。それでもあえて「できないこと」を利用規約に書いている業者は、誠意をもって仕事をしているともいえるのではないでしょうか。とくに洗濯代行サービスは、お客様の大切な衣類を預かって洗濯をします。「なんでも洗濯できます」と書くことは簡単ですが、それでは責任をもっているとはいえません。

また、注意点を曖昧に書いている場合も要注意です。例えば、洗濯代行サービスは高温のガス乾燥機を使って洗濯物を乾燥させます。そのためタンブラー乾燥できないものは原則受け付けていません。注意点が具体的に書かれている業者は、単に「受け付けられない」というだけでなく、「タンブラー乾燥不可」の洗濯タグのイラストを掲載しています。顧客の立場になって考える丁寧さを感じます。

料金プランで「わかりやすさ」をチェック

「料金プラン」や「価格」のページは、注意してみたいページです。とくに洗濯代行サービスは料金体系が複雑なため、しっかりと理解しなければ支払いときに「思っていた金額と違う」ということになってしまいます。チェックポイントは送料です。一見安いようにみえる料金プランでも、下の方に小さく「送料は別途」と書かれていることがあります。洗濯物を詰めたランドリーバッグは、サイズも重さもあり送料がかかるのです。そのため送料は距離によっても変わります。業者によっては一番近い距離の一番小さなランドリーバッグの総合計を大きく表示することで、安い雰囲気を出していることもあるのです。
料金プランが明瞭に書かれている業者は、すべてがわかりやすいシステムになっている傾向があります。ホームページで業者を比較しているときに「ここはやけに安い」と感じたときには、送料やエリアに注意してみましょう。

法人対応ページで「実績と実力」をチェック

洗濯代行サービスには、個人のみを対象にしている場合と法人も対象にしている場合があります。法人は、エステサロンやクリニックなど洗濯物の量が多いだけでなく、オイル汚れなど特殊な汚れもあります。たくさんの量を受けるためには、それに応じる設備が必要です。オイル汚れなどの特殊な汚れは、断る業者も多いくらい手間と時間がかかります。もしも、ホームページに法人対応のページがあったならば、その業者はそれなりの量を受けられるキャパシティとさまざまな汚れに対応できるスキルがあるのかもしれません。

洗濯代行サービスを利用するときには、対象エリアやランドリーバッグのサイズなどさまざまなチェックポイントがあります。紹介したチェックポイントは、より相性のいい業者をみつけるためのチェックポイントです。大切な衣類を預ける業者だからこそ、ホームページをよくチェックして納得できる業者を探してみてはいかがでしょうか。


«

»

新しいお洗濯のカタチを友達にシェアしよう 紹介した方も 申込んだ方も スターバックスカード最大1,000円分をもらえる!新しいお洗濯のカタチを友達にシェアしよう 紹介した方も 申込んだ方も スターバックスカード1,000円分をもらえる!
→
←

for Business 法人・店舗向け 洗濯代行の詳細

洗濯代行サービスを案内します

洗濯代行の料金プランを案内します

HOW TO USE オーサムウォッシュの ご利用方法

洗濯代行に関するよくある質問を紹介します

長期出張者向け洗濯代行 滞在先へ集配可能



PAGE
TOP