新規お申込み ログイン

洗濯代行に関する質問を
わかりやすく解説

洗濯代行の聞きにくい質問にスッキリ答えます

洗濯代行に興味を持つ人はとても多いです。忙しい人だけではなく、介護中の人や個人事業主の人も洗濯代行の利用を検討しています。しかし「洗濯」というデリケートでありプライベートな部分も含むサービスだからこそ気になることがあります。今回は、洗濯代行業者には直接聞きにくい質問にスッキリと答えます。

みられたくない洗濯物はどうやって出したらいいですか?

洗濯物には、人にみられたくない下着や服があります。洗濯代行は、洗濯物をランドリーバッグに入れて受け渡しをするため、集配担当者の目にふれる心配はないでしょう。しかし、洗濯する現場でランドリーバッグが開けられる瞬間を想像すると、洗濯代行の利用をためらってしまうことがあります。。
実は、洗濯代行には「ネット」があります。ネットは、いわゆる洗濯ネットを意味し、みられたくない洗濯物をネットに入れて目隠しすることができるのです。洗濯担当者は、ランドリーバッグから洗濯物を取り出すことはしますが、ネットから中身を取り出すことはしません。ネットに入った状態で洗濯機に入れて乾燥までを行います。そのため、ネットの中の洗濯物の状態を確認することはできず、中にはネットの中で乾燥ができない可能性もあります。しかし、一番気になる「人の目にふれる事態」は避けることができるのです。
ネットは、申込時のランドリーバッグと一緒に受け取ることもあれば、利用者が各自で用意することもあります。
女性の中には自分の下着類が男性に扱われることに抵抗を感じる人もいます。その場合は、女性担当者がたたみ作業を行う業者、女性指定ができる業者を選ぶといいでしょう。

洗濯代行と家事代行と宅配クリーニングは同じことですか?

「洗濯代行とは言うけれど、つまりは家事代行とか宅配クリーニングと同じことでしょ」と思っている人も多いのではないでしょうか。たしかに、すべて「洗濯をするサービス」です。しかし3つのサービスは、それぞれ違いがあります。
洗濯代行は、洗濯だけを行うサービスです。かつ、洗濯は業者が持ち帰って業務用洗濯機で洗いから乾燥、たたみまで行います。仕上がった洗濯物は、依頼者のもとに配達されます。 宅配クリーニングは、洗濯代行と同じように洗濯は業者が業務用洗濯機や特殊な方法で洗濯をします。洗濯代行との違いは、料金設定と取扱衣類です。洗濯代行は、ランドリーバッグ1個当たり、つまり詰め放題で料金設定をしますが、宅配クリーニングは一般のクリーニングと同様に1点ずつ料金設定がされています。取扱商品は、洗濯代行は自宅で水洗いできるもののみですが、宅配クリーニングはドライクリーニングにも対応します。
家事代行は、かなり内容が異なります。家事代行は、名前の通り家事全般を行うサービスです。もちろん洗濯もサービスのひとつではありますが、洗濯だけを請け負うことはめったにありません。なぜならば、家事代行は時間で料金が設定されているからです。もしも洗濯のみを家事代行に依頼すれば、洗濯機が稼働している約40分を待機して待つことになります。家事代行は、時間内でどれだけのことができるかが勝負です。つまり、洗濯機を稼働させている40分の間に片づけをしたり掃除をしたり時間を有効に使うことが求められるサービスになります。

知らない人の洗濯物と一緒に洗われますか?

洗濯代行で一番気になるけれど聞きにくい質問が「他の人の洗濯物と分けてもらえるか」ではないでしょうか。洗濯代行は、ランドリーバッグごとに洗濯機を分けます。そのため、他の人の洗濯物やランドリーバッグと一緒になることはありません。言い換えれば、同じ家庭からの洗濯物でもランドリーバッグが分けられていれば、一緒に洗濯されることはないのです。
洗濯代行は、クリーニング業と同じようにクリーニング業法の届け出をした業者が行っています。洗濯代行やクリーニングは、人が身につけたものを洗うサービスのため、衛生的な管理が必要です。洗濯代行を利用するときには、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

洗濯代行を利用する人ってどんな人が多いですか?

洗濯代行を利用する人は、仕事や子育てが忙しい人、介護中で洗濯する余裕がない人、洗濯機が壊れた人などさまざまです。家族が多い人は、梅雨時に洗濯物が乾かずに洗濯代行を利用することもあります。 洗濯は家事の中でも時間がかかります。洗濯代行を利用するほとんどの人は、洗濯に使う時間を他のことに使うために利用しています。洗濯代行は、自宅での洗濯と比べてコストは大きくなりますが、お金には変えられない時間や体力を他に使うために利用する人が多いです。

洗濯代行のメリットとデメリットは何ですか?

洗濯代行のメリットは、自分で洗濯をする手間と時間を削減できることです。洗濯が億劫になるほど疲れがたまっているとき、無理をすればどこかにひずみが出るものです。とはいっても「疲れたからクリーニングを利用する」は贅沢過ぎると感じるかもしれません。そんなときに「ちょっと助けてもらう手段」が洗濯代行です。洗濯代行は、クリーニングより気軽に利用できるところが大きなメリットでしょう。
デメリットは、費用がかかることです。作業を外注に出すことになるため、費用がかかります。ただ、休養や貴重な時間はお金に変えられない価値があります。費用のデメリットは、人の価値観やその時の優先順位によってデメリットではなくなるでしょう。
洗濯代行は、自宅での洗濯とは違い洗濯物を別の場所に移動して洗濯をします。そのため、受け取りまでに日数が必要です。手持ちの服が少ない人は「洗濯代行に預けている間に着る服がない」というデメリットは考えられます。


おわりに

洗濯代行は、自分の家事の一部を切り取って外部に出すため、さまざまなことが気になります。しかし、洗濯代行のスタッフたちは洗濯のプロであり、多くの洗濯物に対応した経験を持っています。気になることや悩みがあれば、ひとりで考えるよりも洗濯代行の業者に問い合わせてみるといいのではないでしょうか。不安や心配をなくして気持ちも衣類もスッキリしましょう。

新しいお洗濯のカタチを友達にシェアしよう 紹介した方も 申込んだ方も スターバックスカード最大1,000円分をもらえる!新しいお洗濯のカタチを友達にシェアしよう 紹介した方も 申込んだ方も スターバックスカード1,000円分をもらえる!
→
←

for Business 法人・店舗向け 洗濯代行の詳細

洗濯代行サービスを案内します

洗濯代行の料金プランを案内します

HOW TO USE オーサムウォッシュの ご利用方法

洗濯代行に関するよくある質問を紹介します

長期出張者向け洗濯代行 滞在先へ集配可能



PAGE
TOP