新規お申込み ログイン

洗濯代行の選び方
(料金・バッグ・エリア・集配方法)

ここがポイント! かしこい洗濯代行サービスの選び方

インターネットで洗濯代行を検索すると、たくさんの洗濯代行サービスがヒットします。洗濯代行サービスは業者によって内容や金額が異なります。今回は、利用目的や料金をポイントにしてかしこい洗濯代行サービスの選び方についてお話しします。

やっぱり気になる「料金」

洗濯代行サービスの利用を検討する人は、料金が一番気になるのではないでしょうか。洗濯を自宅でやれば水道代と電気代だけで済みます。自宅で洗濯をする料金は、洗濯と脱水までならば約30円、洗濯から乾燥までならば約95円です。洗濯代行サービスの料金相場は、38L(一般家庭の洗濯機1回分程度)で1,800円です。自宅の洗濯と比べれば、かなり高くなります。しかし、洗濯代行には洗濯業務を行う手間賃や配送料も含まれているのです。
例えば、家事を代行して行う家事代行に洗濯を依頼する相場は、家事代行を行う時間分の報酬と交通費を支払います。一般的に時間報酬は3,000円程度が相場です。家事代行は、時間内で他の家事も行います。そのため、家事全般のサービスを利用したい人に適したサービスです。ただし、洗濯だけを依頼したい人にとって、1時間3,000円は高いと感じるかもしれません。
洗濯代行は、自分で洗濯をするよりは高いけれど、家事代行よりは手ごろなサービスです。必要なサービスだけに的を絞ることで余計な料金をかけないシンプルな代行サービスが洗濯代行です。

自分に合ったものを選びたい「ランドリーバッグ」

ランドリーバッグは、洗濯代行サービスで使用するバッグです。業者ごとに指定のランドリーバッグがあり、洗濯物はランドリーバッグに入れて依頼者と業者間を行き来します。
ランドリーバッグは、丈夫な素材で作られたバッグで、ファスナーでとじられるようになっています。移動中にファスナーが開くことがないように、ふたつのファスナーを結束バンドで固定することが多いようです。
ランドリーバッグには、さまざまな色や形状があります。色は、清潔感ある白色や青色が多く、形状は箱型もしくはトートバッグ型が一般的です。ドアノブにぶら下げて受け渡しをする場合は、トートバッグ型が便利ですが、宅配ボックスや直接手渡しをするならば箱型の方が洗濯物を詰めやすいでしょう。
ランドリーバッグの使いやすさは大きさにも関係があります。洗濯代行サービスの料金は、ランドリーバッグ1個当たりで設定されています。大きなサイズを選べばたくさんの洗濯物を入れることができますが、それだけ料金は高くなります。自分の利用する目的に見合った大きさのバッグを選ぶこともかしこく洗濯代行サービスを利用するコツです。
「自分に合ったサイズのランドリーバッグがあるか」「自分が使いやすい形状のバッグか」も洗濯代行サービスを選ぶポイントにしておくといいのではないでしょうか。

はじめに要確認「対象エリア」

洗濯代行サービスは、洗濯物を引取り納品するまでの一連の流れがあります。そのため、サービスを行う対象エリアが業者ごとに決まっていることが多いです。とくに自社集配を行っている業者は、対象エリアを絞ることでスピードあるサービスを提供しています。
洗濯代行サービスを選ぶときには、はじめに対象エリアを確認するようにしましょう。自宅から洗濯物を渡して自宅で受け取るならば対象エリア内に自宅があることを確認します。地方在住者が東京23区に出張し、滞在ホテルから洗濯物を渡して受け取るならば滞在ホテルが対象エリアに入っているかを確認します。対象エリアは、受け渡しができるエリアです。
もしも、遠方に洗濯物を送る必要がある場合は、スピード重視の自社集配よりも宅配業者を利用して集配を行っている洗濯代行サービスを探してみるといいでしょう。

使いやすさのポイント「集荷と配達方法」

洗濯代行サービスの使いやすさは、集荷方法と配達方法によって変わります。どんなにこだわりの洗濯をしていても、集荷と配達方法が複雑で面倒だと洗濯代行サービスを利用する意味がなくなってしまうでしょう。日々の生活のリズムや時間の流れを止めたり、入り込んだりすることなく、さりげなく利用できる洗濯代行サービスを選ぶことがポイントです。
集荷と配達方法のポイントは「自社集配か宅配業者か」にあります。ふたつの方法の大きな違いは営業時間です。自社集配は、深夜まで集荷が可能ですが、宅配業者は各社の営業時間内での対応になります。深夜帰宅で置き配ができない人は、自社集配している洗濯代行サービスがいいでしょう。自社集配は、時間の変更やキャンセル対応も柔軟にできる傾向があります。

長くつきあいたいから「サービス」

洗濯代行サービスは、アイロンがけやボタン付けのサービスは行っていませんが小さな気遣いをしています。ドライクリーニングに出した衣類は、水を使わずに石油系溶剤を使って洗うため、洗剤の匂いは感じません。一方、洗濯代行サービスではお湯と洗剤を使ってジャブジャブと洗います。そうすると気になることが「香り」です。香りの好みは個人差が大きく、好きな香りの服は着ているだけで気分がよくなります。洗濯代行サービスの中には、好きな洗剤を選べたり、洗剤の持ち込みができたりする業者があります。逆に、小学校の給食の白衣など「柔軟剤や香りつき洗剤の使用は避けてください」と指示があるときには、香りがない洗剤を指定できる業者を選ぶ必要があります。
洗濯の仕方やたたみ方は、生活習慣や収納する家具によっても変わります。とくにたたみ方は、収納する引き出しに入れやすい状態でたたむ必要があります。ほとんどの洗濯代行サービスでは、たたみ方の指定も可能です。
洗濯代行サービスは、買物代行とは違い、洗濯物を通して自分の生活の中をみられるような気持ちになるかもしれません。だからこそ洗濯代行サービスは「サービスの中身」「相性」が選ぶポイントになります。「みられたくないものがみられない工夫」「女性による作業」など、洗濯代行サービスは各社で気持ちのおつきあいができる工夫と努力をしています。自分に合ったサービスをしていることは、長くつきあえる洗濯代行サービスを選ぶポイントです。


おわりに

自分が満足できる洗濯代行サービスを選ぶコツは「利用目的」を明確にしておくことです。「とにかく速く洗濯をしてほしい」「旅行先から洗濯物を送りたい」など利用目的によって満足できる洗濯代行サービスは変わります。紹介した選び方のポイントをおさえて、自分にあった洗濯代行サービスを探してみてはいかがでしょうか。

新しいお洗濯のカタチを友達にシェアしよう 紹介した方も 申込んだ方も スターバックスカード最大1,000円分をもらえる!新しいお洗濯のカタチを友達にシェアしよう 紹介した方も 申込んだ方も スターバックスカード1,000円分をもらえる!
→
←

for Business 法人・店舗向け 洗濯代行の詳細

洗濯代行サービスを案内します

洗濯代行の料金プランを案内します

HOW TO USE オーサムウォッシュの ご利用方法

洗濯代行に関するよくある質問を紹介します

長期出張者向け洗濯代行 滞在先へ集配可能



PAGE
TOP