新規お申込み ログイン

洗濯代行の利用方法から
注意点まで徹底解説

洗濯代行とは? 洗濯代行の利用方法から注意点まで徹底解説

洗濯代行という言葉を聞いたことはあるでしょうか。洗濯代行とは、洗濯代行業者に家庭で行っていた普段の洗濯業務を委託することです。近年は、企業だけでなく個人でもさまざまな理由から洗濯代行の需要が高まっています。今回は「洗濯代行って何? 」「利用したいけどよくわからない」という方のために洗濯代行の利用方法から注意点までくわしく解説します。

洗濯代行とは

洗濯代行とは、コインランドリーとは異なり、代行業者が「洗濯物を預かって洗濯」をすることです。実は、洗濯代行やクリーニングのように洗濯物を預かる業種は「クリーニング業法」という公衆衛生に関する法律にもとづいて営業しています。
洗濯代行とクリーニングは同じクリーニング業法にもとづいて営業はしていますが、内容が少し違います。クリーニングは主に「家庭で洗えないもの」を洗うところですが、洗濯代行は「家庭で洗えるもの」を洗うところです。そのため、利用する目的は異なります。
近年は、家庭で洗濯ができない衣類を購入する人が減り、クリーニング業界は大変な時代に突入しています。そのため、街中のクリーニング店でも洗濯代行を始めるところも増えています。一方、洗濯代行を専門的に行っている企業もあります。洗濯代行に特化している企業は、集配・納品のスピードや洗濯方法にこだわり、多くの客層に受け入れられる努力を続けています。

洗濯代行の利用方法とポイント

洗濯代行の利用方法はとてもシンプルです。ここからは、洗濯代行の利用を検討したら知っておきたい利用方法とポイントについてお話しします。

<洗濯代行を依頼する業者を探す>

洗濯代行を検討したら、依頼する業者探しから始めましょう。業者を探すポイントは3つです。ひとつ目は「自分が洗濯物を渡す場所が対象エリアに入っているか」です。洗濯代行は、洗濯物を業者に渡すことから始まります。洗濯物を渡す方法は「業者が引き取りに来る」「自分で業者に持って行く」「宅配便で送る」の3種類です。「宅配便で送る」は、大手宅配業者を介して受け渡しを行うことが多いため、対象エリアが広いメリットがあります。しかし、送料がかかるため費用が高いデメリットもあります。「自分で業者に持って行く」は、時間と手間がかかります。「業者が引き取りに来る」は、一番効率的な方法です。洗濯代行に特化している業者は、自社集配を行っているところが多く、集配の時間帯や方法も柔軟に対応することができます。 洗濯代行業者の多くは、インターネットで申し込みを行っています。業者を探すときもインターネットで「洗濯代行」と検索するといいでしょう。

<申し込みをしてランドリーバッグを受け取る>

業者を決めたら申し込みをします。インターネットで申し込みをすると、数日後にランドリーバッグが普通郵便で届きます。ランドリーバッグとは、洗濯物を入れる「通い箱」のイメージです。ランドリーバッグの大きさによって容量と値段は変わります。ランドリーバッグは、業者によって有料になることもあります。
ランドリーバッグの大きさは、35L前後が一般的なサイズです。45Lや100L以上の業務用サイズもあります。35L前後には家庭用洗濯機で洗う1回量(約6~8kg)が入ります。家族分を例にすると大人用ズボン3枚・カジュアルシャツ2枚・ポロシャツ2枚・Tシャツ5枚と子ども用Tシャツ8枚・子ども用ズボン8枚程度です。

<洗濯物を渡す>

ランドリーバッグに洗濯物を詰めたら業者に渡します。受け渡し方法は、直接手渡しで渡す方法と置き場所を決めて受け渡す方法があります。直接手渡しよりも置き場所を決めて受け渡す方法の方が、手間がかからず料金も安くなっています。
置き場所は、宅配ボックスや玄関前のように人目につく場所がいいでしょう。万が一、置き配によって盗難や紛失がおきても洗濯代行の業者が責任を負うことはありません。
また、洗濯代行ではクリーニングのように洗濯表示や素材のチェックを行いません。色落ちするもの、水洗いできないものはランドリーバッグには入れないように注意しましょう。人目に触れさせたくない肌着類はネットに入れてからランドリーバッグに入れます。ネットは、スタッフが開けることなくそのまま洗濯機に入れられます。そして、ネットに入ったまま乾燥機に入れて、ネットに入った状態で納品されます。

<洗濯物を受け取る>

ランドリーバッグを引き渡したら、あとは待つだけです。受け取る際も宅配ボックスや玄関前などの置き配を利用することができます。洗濯物は、乾燥した状態で軽く圧縮されてバッグに入っています。受け取り後は、速やかに開封して衣類を取り出しましょう。

洗濯代行の費用相場と仕上がりまでの日数

洗濯代行の費用相場は、集配方法やランドリーバッグの大きさによって異なります。35L程度で自社集配の場合は、1,800円程度です。これが自社集配ではなく、宅配業者による集配になると3,500円以上になります。また、単発利用よりも月額制の利用の方がお得です。月額制とは、毎月決められた回数分をまとめて支払う方法です。月額制の場合は、決められた回数を使いきれなかった分を翌月に繰り越すことができます(繰り越せる回数と期限に制限あり)。 仕上がりまでの日数は、一番早くて翌日、遅い業者になれば4日~1週間後になることもあります。申込から集荷までの時間を短くするならば、宅配業者による集荷ではなく自社集配を行っている業者を選びます。中には申込から90分以内に集荷し、翌日納品する業者もありますが、費用は高くなります。自社集配は、深夜まで集荷作業を行っています。

洗濯代行を利用するときの注意点

洗濯代行は、自宅で洗えるもののほとんどは受付可能です。ただし、ペットの毛がついているものは受付していません。また、汚物や感染リスクがあるものが付着しているものも受付していません。 そして洗濯代行の注意点は「アイロンがけ」は行っていないことです。洗濯代行のランドリーバッグにアイロンがけが必要なシャツ類を入れた場合は、洗濯と乾燥のみ行い、アイロンなしでたたみます。 「洗濯を外注すること」は、クリーニングに出すことと同じイメージがあるかもしれません。しかし洗濯代行とクリーニングは異なります。違いを知り、上手に使い分けることが大切です。


おわりに

洗濯代行の利用を検討する人は増えています。家の中だけで完結していた洗濯を外部の業者に依頼することに抵抗を感じる人もいるかもしれません。忙しいときには、食事はデリバリーを利用します。洗濯代行もデリバリーと同じです。「家事の一部のお手伝い」が洗濯代行であり、洗濯代行は新しい生活の手段になるのではないでしょうか。

新しいお洗濯のカタチを友達にシェアしよう 紹介した方も 申込んだ方も スターバックスカード最大1,000円分をもらえる!新しいお洗濯のカタチを友達にシェアしよう 紹介した方も 申込んだ方も スターバックスカード1,000円分をもらえる!
→
←

for Business 法人・店舗向け 洗濯代行の詳細

洗濯代行サービスを案内します

洗濯代行の料金プランを案内します

HOW TO USE オーサムウォッシュの ご利用方法

洗濯代行に関するよくある質問を紹介します

長期出張者向け洗濯代行 滞在先へ集配可能



PAGE
TOP