新規お申込み ログイン

洗濯代行ブログ

東京の介護施設・老人ホームが洗濯代行を利用するメリット

東京の介護施設や老人ホームで、洗濯代行を利用するケースが増加していることをご存知でしょうか。「洗濯を外注する」ことで、作業効率を最大化しコストを抑えています。今回は介護施設などが洗濯代行を利用されるメリットと共に、施設にマッチした洗濯代行業者の選び方をまとめました。洗濯代行導入をお考えでしたら、業者を決める前にぜひ最後までお読みください。

介護施設・老人ホームに洗濯代行の利用をおすすめする3つのメリット

人材不足の解消
介護施設は常に人材不足に悩まされていますよね。求人を出してもすぐには埋まりませんし、10年もすれば辞めてしまう人がほとんど。厚生労働省も動いてくれているものの、なかなか理想どおりの施設運営とはならないものです。ですから外注は積極的に利用しましょう。利用者さんの洗濯物を洗う行為もその1つ。洗濯代行を利用することで、介護士が介護の仕事に専念できるようになります。結果、人材不足の解消に役立つことでしょう。

衣類の紛失を防ぐ
施設内で洗濯していると「○○さんの洗濯物が見当たらない」といったケースも稀に発生しますよね。どれだけ注意していても人的ミスは0にできませんから、リスク対策として洗濯代行を利用してはいかがでしょうか?ランドリーバックに詰めた洗濯物はそのまま洗われてたたまれ返却されます。つまり紛失する要素がないのです。介護施設で発生しやすいミスを0にするために、洗濯代行をうまく利用してくださいね。

人件費削減
介護施設を運営する中で最も高額となるコストは「人件費」ですよね。経営者であれば人件費削減は避けて通れない道です。もちろん専門技術を要する介護業務については人件費を削減することはできません。削減するなら雑用に関する業務です。その際たるものが「洗濯」ではないでしょうか?たとえ週3回であったとしても、十数人分の洗濯を一気に行うとなるとその作業に人手を割かなければなりません。すなわち人件費がかかります。洗濯代行なら自社で洗濯するよりもコストを抑えた運営ができるケースがあるのです。ぜひ一度洗濯代行の料金を問い合わせてみてください。その安さに驚かれるはずです。

介護業者・老人ホームに最適な洗濯代行業者の選び方

非対面式の受け渡しが可能
対面せずに洗濯物の受け渡しができることは考える以上に楽なのです。たとえばヤマト運輸のような配送業者が洗濯物の集配をするケースですと、毎回洗濯物を持ち運んだりサインをしたりといった作業が発生します。無論、配送業者が集配にくるタイミングに担当者が在籍していなければなりません。
「事務職員がちょっとした買い物に出かけていたら集配業者が来て、介護士が代わりに対応した」なんてことになれば本末転倒ですよね。介護士の負担軽減のために外注するのですから「ドアの前や敷地の前に置いておけばOK」「わざわざ対応しなくても宅配ボックスに入れておいてくれる」といった対応が可能な洗濯代行業者を選びましょう。

たたみ方の指定ができる
たたみ方を施設内で統一している場合や、利用者さんがたたみ方にこだわっている場合などに、特に効果を発揮するサービスです。一部の洗濯代行業者では、使用する洗剤やたたみ方などを指定できます。たたみ方は人によって少しずつ異なりますから、利用者さんの満足度向上にもつながるでしょう。こだわりの強い利用者さんが複数おられる施設では、たたみ方を指定できる洗濯代行業者が最適です。

継続できるリーズナブルな料金設定
今後利用し続けることになりますから、低コストの洗濯代行を選びましょう。ただし自社内の作業効率が上がるサービス内容でなくてはなりません。最も気を付けたいのは上記でもお伝えした「非対面式の受け渡し可能」です。貴重な人材が雑務に携わる時間を極力排除するために「最安値」よりも「必要なサービスが受けられてリーズナブル」の業者を選びましょう。

大量の洗濯物にも対応可能
一気に大量の洗濯物が出せる洗濯代行業者を選びましょう。分かりやすい指針は「法人との取引可能」な業者です。オーサムウォッシュには法人用の専門プランが設けられています。大量の洗濯物が入るランドリーバックを利用します。最大容量は高さ68×幅59×奥行65(cm)でバスタオル約120枚分。数個も利用すれば利用者さんがどれだけ多くても困ることはありません。また個人用よりもさらにコスパの良い料金設定になっています。集配料金込みの値段がきちんと表記されているので、安心して見積もり依頼ができますね。

変更やキャンセル対応が臨機応変
洗濯代行業者の中には「曜日固定」「毎月の回数固定」といった制限が定めていることもあります。しかし施設によっては「汚れやすいイベントの翌日に取りにきて欲しい」「今週は汚れ物が少なかったので来週2回洗濯にしたい」「休日を避けたいので集配曜日を変更して」のような要望が出てくることもあるでしょう。ですから臨機応変に対応でき、集配日の変更やキャンセルにも快く応じてくれる業者が最適です。さらに言えば、キャンセルなどがネット上で完結できるのがベスト。電話で伝えなければならない場合、多くの業者で通話可能時間帯が限定されていますし、言った・言わないで揉める可能性もあります。ネット上で変更などを行えば確実に履歴が残りますし、利用者さんが寝静まった後、手の空いた時間にゆっくり処理できるので非常に便利です。

対象地域内に入っている
洗濯代行は集配の関係から、業者によって利用できる地域が決まっています。たとえば東京都の介護施設が、沖縄県の洗濯代行業者を利用するのは不可能ですよね。ですから対象地域は事前に調べておきましょう。なおオーサムウォッシュの対象地域はサイト下部に明記しています。見積もり依頼やお申し込みの前に、対象地域内か確認してください。

おわりに

介護施設では上記の観点から洗濯代行を利用するケースが増加しています。もし貴所が同様のことでお悩みでしたら、きっと洗濯代行がお役に立てるでしょう。紹介しました洗濯代行業者の選び方を参考に「洗濯の外注」を始めてください。経営の効率化を加速させ、より質の高い介護サービスにつながります。


«

»

単発利用OKの洗濯代行 洗濯EX 単発利用向け 3,300円〜 翌日配達 当日集荷単発利用OKの洗濯代行
洗濯EX 単発利用向け 3,300円〜 翌日配達 当日集荷
新しいお洗濯のカタチを友達にシェアしよう 紹介した方も 申込んだ方も スターバックスカード最大1,000円分をもらえる!新しいお洗濯のカタチを友達にシェアしよう 紹介した方も 申込んだ方も スターバックスカード1,000円分をもらえる!
→
←

for Business 法人・店舗向け 洗濯代行の詳細

洗濯代行サービスを案内します

洗濯代行の料金プランを案内します

HOW TO USE オーサムウォッシュの ご利用方法

洗濯代行に関するよくある質問を紹介します

長期出張者向け洗濯代行 滞在先へ集配可能



PAGE
TOP